設置クラス

幼稚部、小学部、中学部、高等部、国際部を設けています。

各部のクラス編成は生徒数に応じて年度毎に見直します。

また、学年の異なる生徒を複合クラスとして編成する場合もあります。

   


                        




時間割り

教育内容


本補習校の学習目標は、子どもたちの実態を考慮し、検討を重ねた上で講師の手により作成されたものです。

各学年クラスごとに身につけたい力を観点別に整理しステップ化した、補習校授業と家庭学習の両輪で目指していく「学習の目安」です。



1.幼稚部

満4歳以上の幼児を対象とし、文科省の幼稚園教育要領に準じた教育を行っています。また、小学部からの学習の基礎づくりとして、日本語の語彙を増やし、話したり聞いたりすることに重点を置いた保育を行います。


  幼稚部クラス別保育目標  

(日本語学習基礎作りの観点から)

 

*遊びや行事を通して日本語の語彙を増やし小学部からの日本語学習の基礎作りをします。

*補習校生活に必要な基本的習慣を身につけることをめざします。

 

年中組(さくら)

年長組(ひまわり)

聞く

○講師や友達の話を注意して聞こうとする。

○日本の絵本や紙芝居等に親しみ、想像をふくらませながら見たり聞いたりする。

○講師や友達の話を注意して聞くことができる。

○日本の絵本・紙芝居・ビデオ等に親しみ、想像をふくらませながら見たり聞いたりできる。

話す

○喜んで先生や友達に話したり伝えたりしようとする。
・手助けが必要な事や分からない事
・自分のしたいことや経験した事
・自分の感じたことや考えた事

○すすんで先生や友達に話して、伝えたりすることができる。

・手助けが必要な事や分からない事

・自分のしたいことや経験した事

・自分の感じた事や考えた事

・簡単な敬語(丁寧語)

興味・関心

○生活の中で日本語の楽しさ、おもしろさを知る。

○生活の中で日本語の楽しさ・おもしろさ・美しさに気づくことができる。

 

日本文化理解

○季節のあそびや行事を通して、日本の文化や習慣に親しむ。

○季節の遊びや行事を通じ、日本的な文化・習慣に親しみ、すすんで楽しもうとする。

集団生活

○補習校生活に必要な基本的習慣を知り、身につけようとする。

○補習校生活に必要な基本的習慣を身につけることができる。

・使ったものは自分で片付ける

・衣服の着脱や調節を自分でする

・安全に気をつけて行動する

・生活の中でのきまりの大切さに気づく

・呼ばれたら手を挙げて返事をする

・整列ができる

・講師の指示を理解して行動する

・励まし助け合い良い所を認め合う


2.小学部

文科省の学習指導要領に基づき、文科省指定の教科書を用いて、年間指導計画に沿った授業を行っています。週3時間を国語科、1時間を国語科以外の教科(主に算数科・生活科・社会科)や行事指導に充て、国語の基礎を固めながら、他方面からの日本語力補強や日本文化理解を目指します。


  小学部学年部別学習目標  

*低学年では、幼稚部で培った日本語学習の基礎を基に、学習を進めていきます。

*小学部6年間を通じ、家庭だけでなく、クラス・学校・地域等にまで学習のテーマを広

げていきます。

 

低学年

中学年

高学年

話す・聞く

 

 

○目上の人や大人には丁寧な言葉で話すことができる。

○主語と述語をはっきりさせて話すことができる。

○時間の経過に合わせて物事を説明することができる。

○調べたことなどについて、筋道を立てて、相手や目的に適した言葉で話すことができる。

 

○収集した情報や知識を関係付け、場に応じた適切な言葉遣いで、自分の考えを明確に話すことができる。

 


○いつ・どこで・だれが、どうしたなどに気をつけながら聞くことができる。

○大事なことを落とさないように聞くことができる。

○話の内容の中心に気をつけて聞き取ることができる。

○話の流れや話し手の意図を意識しながら聞き取ることができる。

 


○話している事柄に沿って考えながら人の話を聞いたり、自分の考えを話したりできる。

○楽しく話したり聞いたりしようとする態度を身につける。

○自分の考えと他の人の考えを比べながら、進行に沿って話し合うことができる。

○進んで話したり聞いたりしようとする態度を身につける。

○調べたことやまとめたことをもとに自分の立場をはっきりさせて、討論することができる。

○適切に話したり聞いたりしようとする態度を身につける。

書く

○身近なできごとや考えたことを順序を考えながら書くことができる。

○楽しんで書こうとする態度を身につける。

○調べたことなどが伝わるように組み立てに注意し、工夫して文章を書くことができる。

○進んで書こうとする態度を身につける。

○目的に応じ、収集した知識や情報を整理しながら、自分の考えやテーマに沿って、文章を書くことができる。

○適切に書こうとする態度を身につける。

読む

 

 

 

○挿絵などを手がかりにしながら場面のうつりかわりに気づいたり、想像を広げたりして読むことができる。

○楽しんで読書しようとする態度を身につける。

○内容の中心に気をつけて読むことができる。

○進んで読書しようとする態度を身につける。

○目的に応じ、内容や要旨をとらえながら、また、優れた叙述に注目して読むことができる。

○読書を通して考えを広げたり深めたりしようとする態度を身につける。

興味・関心

○すすんで日本語を使用し、身につけようとすることができる。

○意識して語彙を増やし、日本語で伝え合う力を高めようとすることができる。

○自分の目標に向かって自主的に日本語学習に取り組むことができる。

日本文化理解

○授業や日本的な行事を通じ、日本文化・習慣に触れ、日本への興味・関心を高めることができる。

○授業や日本的な行事を通じ、日本文化・習慣に触れ、日本への興味・関心を高めるとともに、自分と日本とのつながりに気づくことができる。

○授業や日本的な行事を通じ、日本文化・習慣や、その背景にある地理と歴史に触れ、日本への興味・関心を高めるとともに、自分と日本とのつながりを意識することができる。

   


3. 中学部

文科省の学習指導要領に基づき、文科省指定の教科書を用いて、年間指導計画に沿った授業を行っています。

週3時間を国語科、1時間を国語科以外の教科分野(主に数学科・地理・歴史・公民)や行事指導に充て、これまでに培った国語の基礎を発展させていくとともに、他方面からの日本語力補強や日本文化理解を目指します。


  中学部学年別学習目標  

*小学部で学習したことを確かめながら深めていきます。

*身近な社会(家庭・学校・地域等)から、国や世界などのより広い社会、直接的に接し

ていない社会にも学習テーマが広がります。


一学年

二学年

三学年

理解

○日常生活に関わる事柄についての話や文章の構成や表現上の工夫に触れるとともに、自分の考えと比べながら聞いたり読んだりすることができる

○日常・社会生活に関わる事柄についての話や文章を、構成や表現上の工夫に注目して聞いたり読んだりすることができる。

○社会生活に関わる事柄についての話や文章を、展開や表現の仕方に注意して聞いたり読んだりすることができる。


表現

○目的や意図に応じて、日常生活に関わる事柄についての自分の考えを、順序や背景などを考えながら、より正確に話したり書いたりすることができる。

○目的や意図に応じて、日常・社会生活に関わる事柄について、自分の意見とその理由を区別し、整理して話したり書いたりすることができる。

○目的や相手に応じて、社会生活に関わる事柄についての自分の考えを、構成を考えて話したり書いたりして表現し、伝えることができる。

興味・関心

○様々な本やメディアに触れ、自分の日本語を向上させようと努力することができる。

○様々な本やメディアを通し、目的や意図に応じた適切な日本語表現に触れ、自分の日本語の力を向上させようと努力することができる。

○積極的に様々な本やメディアに触れ、基本的な抽象概念を含む日本語の力をつける意欲と関心を持つことができる。

日本文化理解

○授業や日本的な行事を通じ、日本文化・習慣や、その背景にある風土と文化史にも目を向け、日本への興味・関心を広げるとともに、自分と日本とのつながりを意識することができる。

○授業や日本的な行事を通じ、日本文化・習慣や、その背景にある風土と文化史に触れ、日本へ興味・関心を広げるとともに、自分と日本との結びつきについて考えることができる。

○授業や日本的な行事を通じ、日本文化・習慣や、その背景にある風土と文化史に触れ、日本への興味・関心を高めるとともに、自分と日本との結びつきを意識することができる。



4.高等部

これまでに培った日本語能力と日本文化知識をさらに伸ばすとともに、実践的な活動も取り入れながら、卒業後も自ら日本語を学んでいこうとする意欲や関心を高めることを目的とします。

週3時間の国語では、生徒の実態を考慮しながら文科省認定教科書から教材を精選して指導します。また、教科書以外にも、生徒の興味関心に沿って、様々な文章から教材を選定し授業を行います。高等部一年生では、課題研究発表会への取り組みの中で、主に表現力を磨くことを目指します。

週1時間は、国語科以外の教科分野(主に日本史)や行事指導に充て、他方面からの日本語力補強や日本文化理解を目指します。

*高等部二年制について

ドイツ現地校ギムナジウムが2004年度からG8制を導入したことにより、従来の三年で卒業では、最長就学年数を持つ学校との両立が難しくなりました。そのため2011年度入学の生徒より高等部は二年で卒業するという二年制に移行しました。


  高等部学年別学習目標  

*中学部まで(国際部Aまで)に培った基礎的な日本語力に基づき、実務的・実際的な活動も入れながら学習を進めていきます。

*将来継続して日本語を学んでいく、あるいは学んだことを実生活で生かしていく力をつけることを目指します。

 

一学年

卒業学年

理解

○社会生活に関わる事柄についての話や文章を、自分の考えと対比しながら正確に理解することができる。

○社会生活に関わる事柄についての話や文章を、自分の考えと対比しながら多角的に理解することができる。

表現

○社会生活に関わる事柄についての自分の考えを、目的や相手に応じて的確に説明し、伝えることができる。

○社会生活に関わる事柄についての自分の考えを、目的や状況に応じて、効果的な言葉や構成を工夫して説明したり論じたりし、伝えることができる。

興味・関心

○日本文化や歴史に対する関心を深め、基礎知識を基に日本語学習意欲と関心を高めることができる。

○日本文化や歴史、日本語に対する関心をさらに深め、継続して日本語を自主的に学習しようとする意欲と関心を持つことができる。

日本文化理解

○授業や日本的な行事を通じ、日本文化・習慣や、その背景にある歴史・風土・文化史及び日本への興味・関心を高めるとともに、自分と日本との結びつきを意識することができる。

○授業や日本的な行事を通じ、日本文化・習慣や、その背景にある地理・歴史・風土・文化史及び現代の日本へも興味・関心を広げるとともに、これからの自分と日本との関わり方について意識することができる。


Additional information