ミュンヘン日本語補習授業校

Japanisches Institut in München e.V.

図書室の使い方

図書室の使い方

 

 

図書室では、本を読んでいる人のために静かにしましょう。
図書室の本はみんなの財産です。 大切に読みましょう。

 

 

本の借り方・返し方

 

貸出し冊数と貸出し期間

本の種類 貸出し冊数 貸出し期間
一般図書 10冊 4週間
雑誌 2冊 2週間
DVD 1点 2週間
  合計 13点  

(現行 : 2017年8月まで)

返却予定日を1週間過ぎると、督促状が発行されます。 
その後の返却には1冊1ユーロ(督促状郵便代金込)、2冊目以降1冊につき50セントの延滞料がかかります。

 

新ルール : 延滞料+ペナルティ料15ユーロ (2017年9月以降実施予定)

返却日から3週間後迄は、従来通りの延滞料をお支払いいただきます。

第1回目の督促状で返却がない場合、2回目の督促状を図書室の休室日を除いた3週間目に送付致します、この2回目の督促状は返却の際にお持ちいただき「通常の延滞料 + ペナルティ15ユーロ」をお支払い願います。

最近長期に渡り未返却の方が目立ち、次の方が借りられない状態になっておりますので、今後は新ルールで対応させていただきたくお願い申し上げます。

 

借り方

入会すると利用カードが発行されます。

カードは図書室カウンターでお預かりします。 
借りたい本を持ってカウンターで名前を告げてください。 図書委員がバーコード処理をします。

 

返し方

図書の返却時には、返す本を図書当番に渡して下さい。図書委員がバーコード処理をします。この際利用カードは必要ありません。その後、棚の色と背ラベルの色、そして番号を確認のうえ返却してくださいますようお願い致します。

背ラベルの色分けについてですが、以下のように図書の対象年齢別、種類別となっておりますので、あわせてご参照下さい。

         青 :  中学生以上から一般利用者を対象とした本
         黄 :  小学生以下対象
         緑 :  漫画 (漫画の中でも学習漫画はオレンジ色)
         赤 :    絵本
         オレンジ : 教育漫画、資格関連(漢検、英検等)
         紫 :  DVDや紙芝居

予約・延長

補習校図書室では本の予約や電話での延長は受け付けていません。
貸出し期間を延長したい場合はご面倒ですが、一度返却、再度貸し出しの処理を行ってください。

 

本を紛失した場合 (現行 2017年8月まで)

万一紛失したり、汚してしまった場合は、可能な限り同じ本を弁償していただくことになります。

 

新ルール : 本を紛失した場合  (2017年9月以降実施予定)

原則として紛失届けを提出後2ヶ月以内に同じ本の返却を、紛失した本が絶版である場合は、15ユーロお支払いいただきます。

図書室の本は補習校の資産です。どうか皆様のご協力をお願い申し上げます。

 


「本の紹介」の募集

 

図書室では一年を通じて日本語の紹介文や絵(幼稚部対象)を募集致しております。おすすめの本をご紹介下さい。応募頂く毎に図書室からプレゼントをお渡し、作品のコピーが一定期間図書室に展示されます。応募は何度でも可能です。

下のリンクから専用用紙をダウンロードするか、図書室のカウンターでお受け取り下さい。(用紙には幼稚園児用、低・中学年用、高学年・中高生用の3種類あります。)

推薦図書は日本語の本であれば、図書室の本でもご自宅の本でも結構です。ただし、授業の一環として提出した宿題や、授業で扱う教科書の単元は対象外となっております。

ご褒美のプレゼントは、この専用フォームをご使用頂いた作品にお渡し致しますので、どうぞご注意願います。

図書委員一同、子供達が一冊でも多くの本を手に取り、本を読む喜びを知ってもらえればと願っております。どしどしご応募下さい。

 

本の紹介絵用紙(幼稚園児用)

本の紹介文用紙(低中学年用)

本の紹介文用紙(高学年、中高生用)